admin

2017年3月14日 04:43:40

【終了】近江八幡市がめざす「健康・長寿」のまちづくり~生涯活躍しながら、「人生を愉しむ」「仲間とつながる」~

_

我が国は、団塊の世代が後期高齢者になることで、社会保障費の急増と介護・医療サービスの不足が深刻となる2025年問題を抱えています。
このたび、関西で開催をめざす「2025日本万国博覧会」のテーマ案に「人類の健康・長寿への挑戦」が掲げられました。
滋賀県近江八幡市では、超高齢社会対応の地域社会づくりを先導する取組として、生涯活躍のまちづくり(日本版CCRC)を推進しています。
規模やアプローチは異なるものの、同じ関西で同じ問題に挑戦している2つの取組を通じて、関西・大阪の皆様とともに超高齢社会の地域社会づくりについて考えていきます。

■日時   :平成29年1月21日(土) 13:30~16:30(受付13:00~)
■会場   :ホールAP大阪梅田東 日本生命ビル 5階
■内容(予定) :

第1部 基調講演
「2025年日本万国博覧会構想について~健康都市/ウェルビーイング/アクティブデザイン~」
講師:大阪府立大学特別教授/大阪府立大学21世紀科学研究機構観光産業戦略研究所長/大阪府2025年万博基本構想検討会議副座長
橋爪  紳也 氏

第2部 事業報告 「安寧のまちづくり(近江八幡市版CCRC)プロジェクトがめざすもの」
講師:東京大学高齢社会総合研究機構機構長・教授/近江八幡市安寧のまちづくり基本計画策定委員会委員長
大方 潤一郎 氏

第3部 トークセッション
「安寧のまちづくり~2025年に向けて~」(予定)
橋爪 紳也 氏/大方 潤一郎 氏/冨士谷 英正 氏(近江八幡市長)

■主催   :滋賀県近江八幡市
■協力   :東京大学高齢社会総合研究機構
■後援   :大阪府立大学観光産業戦略研究所

■参加費  :無料
■定員   :100名
■申込   :開催チラシ記載の申込先まで、参加者の「氏名、住所、年齢、性別、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス」を明記の上、電子メールまたはFAXでお申込みください。(申込用紙)