admin

2018年2月7日 11:09:32

1/24 第1回「まちなか∞まちづくりセミナー」を開催しました

  • まちづくり
  • まちなか

1月24日(水)に八幡コミュニティセンターでにて、第1回「まちなか∞まちづくりセミナー」を開催しました。

当日の講演会資料はこちらからご覧ください。

 

第1回は京都大学大学院工学研究科建築学専攻准教授 吉田哲先生にお越しいただき、講義「歩行経路でのベンチ設置に向けて」を行っていただきました。

 

 

講義では、一般的に健康のために歩くことが大事だと言われているけれど、高齢期になると歩き続けるのが困難になり、休憩できるスペースもちゃんと整備される必要があることが説明されました。さらに、ふとまちを見てみると、歩いている途中、ちょっと休む場所が不足し、困っている人を見かけることを話されました。しかし、既存の道にそのような場所を行政が整備するのは、現状の制度上難しいこともあり、一方で市民が使えそうな民地を探して、所有者に許可を取りながら、ベンチ等を設置していかないと、特に住宅系市街地では必要な間隔でベンチが設置できないと説明されました。京都での事例を見せながら、その具体的な取り組みについてもご紹介いただきました。

 

後半は、近江八幡のまちなかのまちづくりワークショップを行いました。参加者に2つのグループに別れていただき、近江八幡のまちなかで最期まで暮らしていくには、どんなものがまちにあると良いか考えてもらいました。そこで、まずは生活上の困りごとを中心に意見交換してもらいました。そこでは、

・買い物が不便

・気軽に立ち寄る場所がない

・交通の利便性が悪い

・道路が狭くて危ない

などの課題が話されました。

 

一方で、地域の良い点としては、

・歴史や景観が良い

・祭りが盛んである

・静かな住環境である

などのことが指摘されました。

 

 

最後に二つのグループごとに意見交換した内容を発表し合い、全体で共有しました。

 

次回は、上記の課題や資源について理解を深めながら、まちづくり課題を整理し、解決策について考えてみます。講師には、新潟県村上市の都岐沙羅パートナーズセンターから斎藤主税理事をお呼びし、CCRCをきっかけにはじめるコミュニティビジネスについてご講演いただきます。市民だからできるまちづくり活動や移住者と始められるコミュニティビジネスのアイディアに繋がるお話をしていただく予定です。

 

皆さんのご参加をお待ちしております。