admin

2018年7月27日 11:57:14

7/1 「静かな水辺で暮らす」パートナー事業者選定委員会開催レポート

  • まちづくり
  • 静かな水辺

近江八幡市では、平成28年度に『近江八幡市安寧のまちづくり基本計画』を策定し、5タイプの個性的な魅力を備えた「安寧のまちづくり拠点地域」を整備することとしています。
《静かな水辺で暮らす》タイプでは、“水郷エリアの豊かな自然環境の中で、水辺や湿原に常時接することのできる居住環境を活かした暮らしと生業や活動を楽しみたい移住者を受け入れる”ことを目的に、西の湖周辺にある公共空地等を活用した、官民連携によるCCRC事業を進めています。

7月1日(土)に、安土コミュニティセンターにて本事業の官民連携の担い手となる事業者の選定委員会が開催され、
応募者1者(代表法人:株式会社コプラス、構成法人:
株式会社平成建設)による公開プレゼンテーションが行われました。

大勢の地域の方々にも傍聴していただきました。



 

以下、提案資料の一部抜粋です。

シニア世代と子育て世代が緩やかなに繋がる空間

近江八幡らしい景観に配慮した外観

ヨシ葺きを基点として移住者がコミュニティに無理なく溶け込める仕組み

多世代が緩やかに交流しながら、暮らせる魅力的なまちづくりの提案がなされました。

 

厳正なる審査の結果、最優秀者として応募者(代表法人:株式会社コプラス、構成法人:株式会社平成建設)が選定されました。

この結果を受け、近江八幡市が優先交渉権者として応募者(代表法人:株式会社コプラス、構成法人:株式会社平成建設)を特定しました。

今後、パートナー事業協定の締結に向け、協議を進めていく予定です。